メカニズム

コラーゲンとゼラチンの関係

コラーゲンとゼラチンは同じものというイメージが強くあります。
実際には多少の違いがあります。
コラーゲンは、鶏肉の手羽先などの部分を煮て冷えるとゼリー状に固まるものです。

魚類も同様です。
しかし、体内に取り入れた後、分解されてから吸収されます。
そのために、コラーゲンに熱を加えて取り出したものがゼラチンで、消化吸収をスムーズにする助けとなります。

コラーゲンは3本の繊維でできていますが、ゼラチンはそれが分解され溶けやすくなったものです。
コラーゲンと同様に、熱で溶けて冷えて固まる性質のため、ゼリーを作る時によく用いられます。
コラーゲンがゼラチンへと変化する温度はその原料により異なります。

動物性の場合は、高めの40度を超える温度になります。
魚の場合は、20度くらいの低温で動物性よりも体内に吸収されやすいという特徴があります。
それで、魚が原料のコラーゲンhttp://bgame.jp/koragenn.htmlが人気の高い商品となっています。

コラーゲンもゼラチンも、構成されているアミノ酸の種類や質は変わりません。
美容や健康のために摂取し、高い効果と即効性を期待するなら、魚が原料のコラーゲンがお勧めです。
それでも、動物性も魚でもどちらも効果は必ずあります。


このページの先頭へ