メカニズム

コラーゲンの吸収されるメカニズム

コラーゲンは良質のたんぱく質の一種です。
体内にコラーゲンを取り入れると、そのまま吸収されるわけではありません。
他のたんぱく質と同様に分解されます。

コラーゲンは酵素の働きでアミノ酸や、アミノ酸の結合であるペプチドに分解されます。
元々コラーゲンはアミノ酸がつながったものですので、消化の際に元のアミノ酸に分解されることになります。
それは分子のレベルにまで細かく分解されますが、コラーゲンのアミノ酸分子はそのコラーゲンによって90程から30万程の種類にまで及びます。

吸収されやすいというものも販売されていますが、こちらは通常のコラーゲンよりは分解吸収されやすいですが、基本的には同じようなシステムで体内に吸収されます。
吸収の効率は良い商品です。
どちらでも体を健康に保ち、消化がスムーズになされるようにしましょう。

コラーゲンは健康と美容に良く、体内からそれぞれの組織やお肌の皮膚に作用します。
関節やお肌のハリに効果を発揮します。
そのためには、適量と他のアミノ酸を多く摂取し、よく消化器官で分解吸収が効率よく行なわれる必要があります。
アミノ酸は種類の数が多いほうがコラーゲンと合わせて飲むには良いです。
できれば毎日サプリメンとや食品http://www.yoshidamariko.jp/trouble.htmlで取り入れて健康と美しさを保ちましょう。


このページの先頭へ