メカニズム

コラーゲンの原料に関して

コラーゲンは動物性たんぱく質の一種です。
お肌の潤いを保ち、肌や関節などの弾力を保たせる効果があるように、ぷるぷるの動物性ゼラチン質の成分です。
商品化されているコラーゲンの原料は、7割が牛や豚の皮から取られています。

他は牛の骨から作られます。
腱にも繊維質のたんぱく質が多く含まれており、コラーゲンの原料となります。
鶏や、サメ、スズキなどの白身魚の皮や骨からも原料が取られています。

原料のたんぱく質はまず加熱されますが、そのことにより幾つかに分かれたゼラチンへと分解されます。
別の加工としては、繊維を結合させる方法があります。
どちらの方法でも原料はゼラチンになります。

特に魚が原料となっている海洋性コラーゲンは、無味無臭で食事や飲み物に入れる、またはドリンクで摂取しやすいものです。
粉末やサプリメントもあり、飲みやすく美容と健康に良いと高い評価があります。
コラーゲンの商品は、品質が良く保たれており、汚染物質から保護されています。

そのため安全で良質のコラーゲンを摂取できます。
このように、コラーゲンの原料は、動物や魚が原料とされており、普段食事にしているものが多くなっています。
手軽に食べることは難しいですが、そのなかでもすっぽんhttp://www.expedicionespalenque.com/daiextuto.htmlのコラーゲンは良質なものが多いです。
効果を含め、原料や質は安心できます。


このページの先頭へ