メカニズム

コラーゲンの栄養に関して

コラーゲンはアミノ酸を多く含んだ良質のタンパク質です。
コラーゲンのたんぱく質により、お肌の皮膚、目、髪の毛、関節、血管などが構成されています。
そのため、お肌の潤いや弾力、皮膚の再生による美白効果、体の組織を生成する、関節痛に効くという効果があります。
主なアミノ酸の種類は、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンです。

聞きなれませんが、どれも体内には必須のアミノ酸で、体の組織の構成には欠かせません。
体内に取り入れられると小腸で吸収されます。
コラーゲンは主に3本のアミノ酸分子で構成されています。

ポリぺプチドと呼ばれるその鎖状のアミノ酸は、カルシウムの代謝を調整し、骨にミネラルが届いて形成されます。
軟骨や骨にも栄養がいきます。
コラーゲンに加熱するとゼラチンになり、それを分解するとコラーゲンペプチドになります。

コラーゲンペプチドは紫外線やオゾンによる、シミ、しわ、老化現象を抑えます。
角質を取り、ターンオーバーが適時になされます。
関節炎、リウマチ、骨を強くするための効果もあります。
コラーゲンは代謝によって減少しますので、定期的または代謝に合わせて取り入れる必要があります。
他の栄養素と共に摂取するなら、栄養価が高まり美容効果はさらに期待できます。


このページの先頭へ