メカニズム

コラーゲンと相性の悪い食材に関して

注意して食事をしたいのは、血糖値が急上昇するものです。
まず、油分が多い食事は高い脂肪質により、善玉のホルモンを減らしてしまいます。
その結果、コラーゲンを作ることを妨げます。

脂の多いお肉や揚げ物、レトルトや出来たおかずなどではなく、野菜果物を中心とした食事にして血糖値をゆっくり上昇させます。
次に、糖分ですがどの食品でも言えることですが、過剰に摂取するなら血中で糖度が上がり、コラーゲンが変化します。
油分と同様にAGEが増えますので、健康と共に老けて見える原因となりますので美肌のためにも気を付けましょう。

糖分の多いジュース、お菓子は適量にします。
主には過剰な油分、糖分が食べ合わせる時に気を付ける食材となりますが、一緒に取り入れることが良い作用となるものもあります。
コラーゲンは弾力を引き出し、関節、筋肉、血管を強めます。

特に鶏の手羽先に多く含まれています。
ビタミンCを共に取り入れるなら、コラーゲンを助けるのでその作用は強まり、健康や美肌、顔色のトーンがアップする効果があります。
ビタミンCもサプリメントや様々な食材で手軽に取り入れられますので、毎日の食生活でコラーゲンと一緒に食材http://www.internsforpeace.org/biyoutokennkou.htmlを食べることを心がけましょう。


このページの先頭へ