メカニズム

コラーゲンとエラスチンの関係

多くの美容食品、化粧水に含まれています。
効果はお肌のハリや潤い、弾力性があります。
エラスチンも同様の働きをしますが、コラーゲンとは実際の作用は異なり、お互いにお肌のハリのために助け合うものです。

どちらも、タンパク質の種類です。
お肌の皮膚下層に存在しています。
皮膚に多く含まれていますが、その周りにくっつくようにエラスチンが存在して、コラーゲンを助けます。
それぞれのコラーゲンを合わせる働きをします。
そして、細胞同士を合わせて弾力を持たせます。
コラーゲンが多い方が効果は出ます。
その力はコラーゲンよりも大きなものです。

しかし、エラスチンもコラーゲンを必要としています。
エラスチンは独自に働くというよりも、コラーゲンを支える成分です。
どちらもお肌にとっては必要です。
お肌を指で押した場合、周囲が膨らみ、元通りになるのはコラーゲンとエラスチンの作用によります。

さらに、お肌の細胞を活性化し、シミなどのトラブルを防ぎ、改善します
コラーゲンとエラスチンが十分に摂取されているなら、お肌は若く健康的に見えます。
摂取しやすい成分ですが、エラスチンは紫外線や年齢と共に減少していきますので、積極的に取り入れたい成分です。


このページの先頭へ